つくり帯のつけ方を教えてください!

つくり帯のつけ方を教えてください!

『つくり帯』めちゃくちゃ尊いです。お着物初心者の方でも『つくり帯』のおかげで浴衣姿も気軽に楽しめるといっても過言ではありません。

さりとて簡単だと言われているからこそ、他人様にはたずねづらい浴衣『つくり帯』の付け方。手結びに慣れていらっしゃる方だと、これが正しいつけかたなのかわからないというお問い合わせもいただきます。

言わずもがなな事ですが『つくり帯』は、あらかじめ帯結びの形が作ってあり、簡単に帯が締められるようにできています。

一般的には『つくり帯』呼ばれることが多いようですが、「付け帯」、「結び帯」、「軽装帯」、「簡易帯」、「文化帯」などなど、さまざまな呼称があります。

さて、具体的なつけ方を下記にまとめてみました。

一般的な作り帯は、1,胴に巻く部分、2,結んである部分 の2部構成になっています。

1,胴に巻く部分を巻く

胴に巻く部分には紐がついています。付け紐は、帯の上辺か下辺のどちらかに付いていることが多いです。多くの場合、紐は” 上辺 “についていることが多く、その場合は上側で紐を結んでください。結び方はリボン結び、片リボン結びをおススメします。

巻く時のポイント2点

  1. 帯の下側はお腹にぴったりそって巻くイメージです。上側で巻く事に意識が集中すると、下のお腹側がぷかぷかと浮いてしまう事もあります。
  2. 帯の巻き終わりを 背中の背骨と同じ位置に来るようなイメージで巻きます。これは帯の長さ、胴回りの長さによって、巻き終わりの 位置がかわってきますから、帯の巻き始めで調節されてください。

商品によっては様々ですので、紐のついている方が上か下か迷われる方も多いようです。迷ってしまわれたら商品表示内容をしっかり確認、又は“柄の上下”で確認されると良いでしょう。

【失敗談から語ります】

人に浴衣を着付けて貰う場合、補正などを、自分自身では施せないベース作りが出来ますから、着崩れの心配もないのですが、自分自身で浴衣をお着付けすると、補正云々が難しい事もあります。その場合は胴に巻く帯の下辺に付け紐がついているものの方が安全策かもしれません。理由は、下をしっかりとしめられますので、お腹下側がぷかぷか浮く、下に帯がずり落ちるなどの着崩れの心配が減ります。結んである部分は上側で結びますから、胸元に二重に紐がくることがなく、紐の圧が分散され、胸元の苦しさも軽減されます。

着崩れを防ごうとして、胸元できつく付け紐を結ぶと、後々苦しさの要因にもなります(人生初、手結びなんてもってのほか、というか全く結べない、絶対につくり帯しか選択肢がなかった頃、自身で作り帯を使って浴衣着付けをした際の失敗談はまさにコレです。)ので、ご自身でお着付けされる場合、下側で結ぶ方が、着崩れ防止、胸元の締め付けが楽かもしれません。

2,結んである部分をセット

結んである部分をセットします。こちらには紐が両端に1本ずつと、胴に巻いた部分にさしこみやすいようにフックがついています。多くはU字の形をしているフックを、胴に巻いた帯に差し込みます。この時のポイントは、“U字の部分が背中の中心にくるように”です。白い紐を両方前に持ってきて、前で結びます。前で結んだ白い紐は、見えると不格好なので、結んだら帯の中に押し込んで帯で隠しましょう。

『つくり帯』の尊さ 

つくり帯最大のメリットは帯の結びの部分が完成しているので、着付けがとっても楽な事です。加えて帯が崩れる心配がない事も心強いです。近頃はデザインも本当に豊富で、商品を選ぶ時間も楽しい夏の時間になりそうです。浴衣姿を楽しむことって、自然と心も晴れやかになり、ご自身を大切にされている事にも繋がります。ぜひ気軽に浴衣姿を楽しんでいただきたいです。

浴衣時間が素敵なお時間となりますように。

ご参考になれば幸いです。

最後までおよみいただきありがとうございます。


これ凄いなって。フラワーボール。気持ち上がりますね。