半襟・伊達襟の違いを教えてください。

半襟・伊達襟の違いを教えてください。

似ているようで異なる襟について、下記お答えいたします。

  • 半襟(はんえり):着物を着るために必須なものです。着物の襟の汚れを防ぐ実用的なものであり、襟元のお洒落にも役立ちます。
  • 伊達襟(だてえり):『重ね襟(かさねえり)』とも呼ばれています。着物を着るために必ずしも必須なものではありません。着物で色合わせ、重ねを楽しむ装飾的な用途に使う小物になります。

違いについて、もう少し深堀してみました。

【半襟】

長襦袢の襟に縫いつけて襟周りの汚れを防ぎます。半襟は全ての着物に必要です。半襟が無ければ、襟芯が入れらない為、整った綺麗な着姿になりません。更に顔映りまで左右する要素もあり、大変重要なミッションを併せ持っている小物です。

昨今のお着付けでは、浴衣以外で半襟がない状態で着物を着るということはなかなかありません。浴衣であっても”着物風の着こなし”で半襟を添える方もいらっしゃいます。

汚れ防止の為に長襦袢に縫い付けて使用する半襟は、通常1~2回着物を着たら外して洗い、付け替えます。この為、ご自身で縫い付ける際は、粗目に縫い付ける傾向です。

縫い付ける事が難しいという場合は、両面テープや安全ピン等でつけられる方もあります。

この場合ご留意いただきたいのが、襟芯をいれた状態でしわが発生しやすくなりますので、襟元はしっかりしごかれてお着付けされることをお勧めします。少々手間でも、半襟を縫い付けられた状態で襟芯をいれた方が、安定感が増し、襟元も綺麗に整います。

他には便利グッズである被せるだけの仕立て襟などをお使いになられても良いでしょう。半襟の扱いは人によって様々です。

【伊達襟】

『重ね襟』ともいいます。疑似襟です。『オシャレエリ』と呼ばれる方もあります。半襟とは異なり、必ずしも必要なものではありません。着物で色合わせや、襟元を着物の重ね着のように見せて楽しむ装飾的な用途に使う小物になります。お顔周りに配置される伊達襟は、お着物に華やぎを添えたい時の心強い小物です。着物と半襟の間に違う色がもう一筋入って華やぎを添えますので、お祝いの席などの着物に用いる場合が多いです。

糸やピンで着物の襟につけます。着物に縫い付ける際は、数針程度、1か所又は数か所に縫い付けて調えます。縫い付けず、ピン等で固定してお着付けされる場合も多いです。

伊達襟には、なんとも感慨深いルーツがあります。現代のように、お着物の内容が簡略化されていない時代、先人の方々はお着物を重ねてお召しになられていました。「衣を重ねる」事は「慶びごとが重なる」に通じるため縁起が良いとされていたからです。時は流れ、簡略化して襟元にだけ重ねているように見せる伊達襟へと紡がれました。。

伊達襟の色の選び方の基本は帯揚げや帯締めの色に合わせたり、帯の中の柄の色に合わせて調えられます。趣ある着こなしを目指せば、なるべく着物や帯の色と同調するような色を選び、統一感を重視した方が着姿も美しくなります。

半襟も伊達衿も似ているようで異なる襟です。それぞれに着物の着こなしの中で役割があります。でも、気負う事はまったくありません。多分にそれぞれ面白さがあります。半襟と伊達襟を活用されて、ご自身の望まれる着姿をどうぞ楽しまれてください。

ご参考になれば幸いです。

最後までおよみいただきありがとうございます。


少しこだわるところを出したい時にレースの半襟、素敵です。


“しわ”のご留意pointを押さえれば、本当にありがたいお品物です。


リバーシブルの伊達襟だけではなく、レースやラインストーン付きのお品物も多く、選ぶ楽しさ+身に着ける楽しさ、どちらも楽しめます。