浴衣の着付けに必要なもの

浴衣の着付けに必要なもの

「絶対使う」or「絶対に使わない」

浴衣の着付けに必要な物は絶対あった方と良いものと、そうでないものがあります。そうでないものは、「絶対使う」方と「絶対に使わない」方にわかれます。ご自身が実際に使われてみて、着心地良いな、便利だなと感じられたものが、最適なものです。“みんな違ってみんないい”が最適解です。

WEBで掲載されている「浴衣の着付けに必要なもの」は、そうしたほうが望ましい最適の情報を掲載しているのですが、内容が少し違うなど、浴衣準備に困惑される方も多いようです。もしかしたら貴方様にとっては「絶対に必要な物」ではない事もあります。気持ちよく浴衣姿を楽しんでいただくために、おススメpointまとめてみました。

絶対使うもの 4点

  1. 腰紐2本 お手持ちがない際はご自身で手作りされる方や、ストッキングで代用される方もあります。安価なお品物が豊富に展開されていますので、購入も気楽です。
  2. 浴衣
  3. 半幅帯  
  4. 履物 ①下駄_安心の和のコーデです。②歩きにくさや、下駄の痛みが気になる方は、あえて履き慣れているミュールやサンダルの足元の方もあります。

絶対あった方がいいもの

  • 浴衣下 足が透けたり、汗汚れ、べたつきを防ぎます。組み合わせは①肌着(キャミソール)+裾除け(ペチコート)か、②着物スリップ 等です。
  • 帯板 半幅帯がよれて不格好になってしまわない為に、前側に入れます。硬めの半幅帯なら、入れなくても大丈夫です。お手持ちがない際は段ボールや厚紙柔らかめのプラスチック板のようなもので代用はできます。※代用品を使う際は、はみ出して見えたしまった時に困らないように、見えても困らない布などで包まれておかれたほうが安心です。
  • 巾着類 和柄の巾着の他にも、カゴバックや洋服に合わせているバッグでも大丈夫です。余裕があったら夏らしい涼しい素材のものを合わせられると、浴衣姿が更に映えますね。

あれば大変重宝する>絶対に必要ではないもの

  • 腰紐 追加で1本 腰ひもの長さが足りない時や、補正にとフレキシブル対応できます。
  • 薄手タオル1~2本 しっかり補正をしてきれいなお着付け効果と着崩れ防止効果があります。ご自身で紐を何本も使う事に抵抗がある場合は、医療用のサージカルテープなどで固定されても良いでしょう。ずり落ちない固定に留意ください。
  • 伊達締め 合わせを押さえて安定させるため、着崩れにくく綺麗な着姿にさせる効果大です。無くても大丈夫です。お手持ちがない際はご自身で手作りされる方や、幅広の腰ひもで代用される方もあります。
  • 和装ブラ 胸元をフラットにさせ、着崩れしにくく、着姿が美しいです。薄手のバスタオルやガーゼを巻いて代用される方もあります。
  • コーリンベルト 手軽に見た目をきれいにでき、着崩れを防止します。ご自身での着付けをしやすくする効果大です。留め具の位置によっては着心地が悪く、絶対に使わないという方もあります。
  • 三(四)重紐 あると色々な帯結びができます。

“みんな違ってみんないい”が最適解

浴衣の着付けに必要な物は絶対あった方と良いものと、そうでないものがあります。ご自身が実際に使われてみて、着心地良いな、便利だなと感じられたものが、最適なものです。ぜひご自身の浴衣コーデをたのしまれてくださいね。

ご参考になれば幸いです。

最後までおよみいただきありがとうございます。


忘れられがちな小物なのですが、正直あった方が絶対に困りません。外出先でうちわget出来ない時なんか、あってよかったぁって重宝します。さりげなくこだわりの装いを目指したい時にもテンション上げてくれますね。