胸が目立ちすぎて 浴衣が似合いません(涙)

胸が目立ちすぎて 浴衣が似合いません>

和装は嫌いです。帯の上に胸が乗っかるのだけはどうしても嫌なので。

胸が大きい方でも、粋に、すっきりと浴衣を着こなす方法あります。元の体型が想像し難い位に全く目立たない着姿になれます!!

胸の大きい方で和装が苦手だと仰るお声を伺う時があります。その理由としてよく伺うのは、帯の上にバスト部分が乗ったように見え、強調するつもりはなくても強調しているように見えてしまうからとの事です。

和装の帯位置(帯の上線)は胸の直ぐ下付近に合わせます。何も工夫せずにお着付けしますと、胸が大きいと、帯の直ぐ上のボリュームが出てしまい、ふくよかな印象となります。仰られるように帯上にバスト部分が乗っているようにも見えてしまいますし、なんとなく胸が垂れているようで老けた着姿になってしまう可能性もあります。薄手の浴衣であれば更にそうお感じになってしまわれるかもしれません。

浴衣をすっきりと着こなしたいのに、求めているものではない着姿になってしまう事は避けたいですよね。胸が大きい方がご自身で浴衣をお着付けされる際、どうしたら綺麗に着られるか、全力で考えてみました。

下着で胸もとを綺麗につぶす:ワイヤー入りブラジャーは✖

和装下着

盤石の信頼をお願いできる和装ブラです。適度なサポート力もありますし、バストのボリュームを抑える効果もあり、凸凹になりにくく着姿が美しくなります。胸が大きい方は、着脱や胸のしまいこみもしやすい、前で止めるフロントファスナータイプがおススメです。

スポーツブラ

和装だけではなく、日常使いもでき利便性高いです。スポーツブラは揺れどめサポート力が大きく、伸縮性もありますから、脇部分を中に入れ込みやすく着姿がスッキリとなります。トップが高めに見えてしまう時は、中のパッドを外されても良いでしょう。

いずれも適度にサポート力があり、締め付けないものですから、長時間でも楽に着ていられます。

補正を工夫する

薄手のバスタオル1枚、又は薄手の長形タオル2枚程度、もしくはさらしや3~5m程度のガーゼで凹凸を軽減させる。

広く知られている事ですが、タオルやコットン等で凹凸をなだらかにすると、着姿が美しくなる補正効果があります。しかも着崩れ防止や不快な汗を吸収してくれるなど優れた効果を発揮します。

ご自身でお着付けされる際のpoint

  • 薄手のタオルであっても、多用使いしますと補正してもボリュームが出てしまい太って見える可能性があります。ご留意ください。
  • ご自身で補正を固定させるために腰ひも以外では、マジックベルトや、サージカルテープ、大き目の安全ピン等をご提案致します。

帯をしめる位置を下げる

通常、胸のすぐ下に位置するところから少し下げ、帯の下側はお腹にびったりに、背中側は高めに巻きます。お着付けイメージは帯の下線がちょうど腰骨の真上に乗る感じで、前は下腹を支えるようなイメージです。胸の下が広くなりゆったりするので、綺麗にしめるととても粋に見え、着姿もスッキリとかなり違います。身長が高い方は、帯の二巻き目を数cm上にずらして、正面から見たときに幅が少し広くなるようにするとバランスがよくなります。

鋭角な襟元を目指す

胸が大きいと襟元のVが崩れやすくなるのでだらしない印象になります。浴衣は襟がV字になっていますが、V字鋭角なほど襟元がスッキリとして見えるので、できるだけ鋭角なV字になるよう意識しましょう。 

胸が大きい方でもちょっとした工夫で、元の体型が早々し難い位に全く目立たない着姿になれます!!求めている着姿で快適に着こなせます!!

浴衣時間が素敵なお時間となりますように。

ご参考になれば幸いです。

最後までおよみいただきありがとうございます。


サイズ展開が豊富な通年仕様です。


サイズがあえば、足からも着脱可能なのでヘアセット後でもOK