着物を着た後の長襦袢の半襟どうお手入れしますか?【失敗談あり】

着物を着た後の長襦袢の半襟どうお手入れしますか?

ぜひ長襦袢から外されて洗われることをお勧めします。少々面倒を感じても、面倒なことをしただけの事はあります。

数年着ない可能性があるのならば、クリーニングを活用されて下さい。仮に数時間の着用で汗をかいていないようでも、代謝がありますから必ず汚れは出ています。一緒にしまう他のものまでダメにしてしまう可能性もあります。

もしもそのまましまい込まれてしまわれては、次に着用なさる時、下記のような失敗談の可能性が高いです。

【当方の失敗談】初めて着物一式を調えた頃、着物のお手入れ方法は全くわかりませんでした。仕立てあがった長襦袢には半襟が縫い付けられていましたから、その状態から半襟を外す事はimageしにくく、更に半襟を外して再び縫い付ける行為に、大変な苦手意識がありました。絶対にこんなにきれいに縫い付けられない抵抗感満載でした。何度か続けて着物を着た後、そのうちクリーニングに出そうと決意して暫く、悲劇はしっかりおこりました。半襟に黄色いシミ汚れです。はっきりと肉眼で確認できる状態になっておりました。加えて長襦袢まで汚れが響いている始末。着物初心者だった当時、かなりうろたえました。着用した後の半襟のお手入れを怠ったが為に、結局はクリーニング代が高額になってしまったという苦い思い出です。

このような失敗談に基づいて半襟のお手入れ方法、下記ご提案致します。

【クリーニングにお任せする】

専門のクリーニング屋さんやお手入れを取り扱っているきもの屋さんへお任せしましょう。

  • 長襦袢に縫い付けてある状態のまま丸洗い(ドライクリーニング)に出す。お酒やワイン、食べこぼし、ファンデーションや口紅などでのシミや汚れは、専門のクリーニング業者にお任せするのが安心です。
  • 半襟(刺繍半襟)を外し単品でクリーニングに出す。手刺繍やびっしり刺繍の入った半衿、金銀箔使いの半衿は、専門のクリ―ニング屋さんに依頼された方が安心です。

【自分でお手入れする】

半襟の素材に留意したら、十分ご自宅でのお手入れ可能です。

  • 自宅の洗濯機で洗う:素材にもよりますが、ポリエステルや木綿の半襟は、ご家庭の洗濯機で洗うことが可能です。半襟、長襦袢どちらもこのような素材なら、長襦袢に半襟付きの状態でネットに入れて洗濯機洗いも。
  • 洗濯機では洗えない素材_正絹の半襟を洗う:エマール等で一晩つけおき優しく手洗いか、又は目立たない程度の軽い汚れはベンジンを含ませた柔らかい布で軽くこするだけで汚れ落ち効果があります。
  • point:お湯やぬるま湯は使いません。縮む原因となります。流水でよく振り洗いしてください。その後、手で軽く絞って、陰干しをします。生乾きのときに、布目に沿って半襟の幅方向にアイロン掛けをすると、きれいに仕上がります。

さて、いざ半襟を外して、再び長襦袢につける行いは、意外と簡単なものです。半襟の扱いは様々ですから、荒く縫い付ける以外に、両面テープや安全ピン等でつける心強い方法もあります。pointは『見える部分だけ綺麗に』です。

少々面倒を感じても、面倒なことをしただけの事はあります。巡って綺麗な着姿、心の平穏です。

ご参考になれば幸いです。

最後までおよみいただきありがとうございます。


『全国対応』ありがたいです。